2012年08月08日

『ナイフディフェンス基礎講座』/日本護身協会

刃物の脅威から身を守る『ナイフディフェンス基礎講座』

『ナイフディフェンス基礎講座』/日本護身協会



講座の内容


基礎講座の内容は、実践講座で大体通常2時間かけて指導する内容になります。

動画だけを見ると少し短く感じるかもしれませんが、実際にトレーニングをして覚えるには1日じゃとても体で覚えられない内容です。

基礎講座の内容としては下記の内容を学ぶことができます。


○ 一般的な刃物の特徴とは?                 

まずは刃物の特徴について説明します。

凶器に使われるナイフは片刃と両刃の物がありますが、こういった特徴を見分ける事で致命傷となる攻撃を避けることが出来るようになります。

○ 体の急所と致命傷                     

人間は急所を攻撃されなければある程度の傷を負っても、直ぐにしに至るという事は御座いません。

攻撃されてはダメな部分を知る事で、例え回避が出来ないような場合でもダメージを最小限に抑え防御をする事が出来るようになります。

○ 刃物を持った相手との理想の間合いとは?          

素手には素手の間合い、バットにはバットの間合い、このように戦いには必ず間合いという物が存在します。

ナイフにもナイフの間合いという物が存在しますが、この間合いを体で覚え間合いを保てるようになると相手の攻撃が当たりにくくなり、致命傷を避けることができます。

○ ナイフ攻撃の5つの基本ライン               

ナイフ攻撃軌道には基本的な法則があります。これを覚えておく事で回避方法をパターン化する事ができます。

ナイフの攻撃の回避方法には攻撃に対してよける向きという物がありますが、この攻撃パターンを体で覚えていただきます。


○ ナイフ攻撃回避の体さばき                 

そしてナイフディフェンス基礎講座の一番覚えていただきたいのが、ナイフの軌道に対する体さばきの方法です。

これは見て覚えるのではなく、反復練習で体で覚えるしか御座いません。

内容はとてもシンプルなので、動画を見るだけでも直ぐに練習を始めることができます。


○ 回避からオフェンスへの移行                

そして今回の講座では触りしかお話ししていませんが、回避の体さばきを身につける事によって、回避からオフェンスへと移行出来るようになります。

ここまでの動作を身につける事で、より深いテクニックを身につけることが出来るようになります。


基礎講座ではナイフディフェンスの全ての動作の基本となる体さばきを学ぶことができますが、これを覚える事が応用の動作を学ぶ最低条件なのでテクニック習得には必須の内容になります。

この基礎を学ばないとオフェンスへの応用等深いテクニックは当然習得出来ません。

ナイフディフェンスを身に付けたいのであればまずは必ずこちらを受講して下さい。

とても重要な講座になります。

ナイフディフェンス基礎講座

ナイフディフェンス基礎講座

刃物の脅威から身を守る『ナイフディフェンス基礎講座』



誰にでも時間や場所に関係なく学べるようにオンライン講座にしました。メリットを纏めるとこのようになります。


○日本全国何処に居ても学ぶことが出来る

講座を開催する場合の開催場所は東京になります。

講座の代金よりも高い交通費と宿泊費を払って参加いただく方もいますが、オンライン講座にする事で、遠方の方にも負担なくテクニックが学んで頂けるようになります。

○自分の好きな時間に学べる

インターネット環境があれば何処に居ても好きな時間に学習する事ができます。

○とりあえずテクニックだけ知りたい方

またテクニックは学びたいけど実際に講座に参加するのは抵抗があるという方もいます。

そこでオンライン講座と実践講座を分ける事で、自分に合った学習スタイルで学習いただくことが出来るのが今回のオンライン講座の理由になります。



講座に参加いただくと、視聴ページへのログインパスワードをメールでご連絡します。

ログインをしてまずは動画を見てテクニックを学んで下さい。


緊急性の高い危険とは結果が全てです。助かるか助からないのかです。

リスク回避意識の低い人の多くが「警察を呼べばいい」このように同じような事を言います。

今まで起きた事件を見れば分かると思いますが、緊急性の高い命に関わるような事件は、警察が間に合わないから被害者が出ている訳です。



警察だってもし事件現場にいれば出来る限りの対応を行い、時には他人の為に命を落とす事もあります。

事件を防げる物なら防ぎたいと思っています。

でも予測の出来ない危険を予測し事前に現場にいる事は無理な話です。

貴方のボディーガードが仕事では御座いません。

「このテクニックにどれだけ価値を感じるのか?」

この感じ方で危険回避の意識の高さがわかりますが、価値を感じない人にこそ参加していただきたいと思います。


>>更に詳しい内容はこちらから














posted by 『ナイフディフェンス基礎講座』/日本護身協会 at 14:28| 『ナイフディフェンス基礎講座』/日本護身協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。